flickr :CC BY-NC-SA 2.0

Vison  日常がONE EARTH!

秋分の日に立山で開催される

TATEYAMA SUN 69 FESTIVAL 『ONE EARTH!』

〜朝市からはじめよう〜

くの恵みをいただいている立山連峰、母なる地球、そしていつもエネルギーを
送ってくれる太陽や月、山からもたらされる水や大地そこから
生まれる生命や作物すべてに感謝して過ごす
地球感謝祭。
今年は朝市を主体に地域の方にも喜ばれ理解を頂けるよう進めています。
また音楽やアートがあったりと多様でシンプルなお祭りを目指します。
フリーマーケットやとれたて野菜市など出店参加もどしどしお待ちしています。
日本一の市場を作りましょう。
またなにげない日常の仕事や生活の中にONE EARTH意識を活かしていこう!
朝から楽しく過ごしましょう。
おまちしてま〜す♪

img0022_2

【タイトル】:TATEYAMA SUN 69 FESTIVAL 『one earth』〜朝市からはじめよう〜

【開催期間】: 2009年9月23日秋分の日(お彼岸)

【会  場】:富山県 富山市 立山山麓家族旅行村

【後  援】:富山県

【参加料金】:無料 

       ドネーションで賛同頂けたらありがたいです。
       *連動企画、ワークショップは別途必要です。

【主  催】:『ONE EARTH』実行委員会
   web : http://www.tateyamasun69festival.com/
   mail : info@tateyamasun69festival.com

〒939−8015
富山県富山市中川原314−10
tel&fax. 076−420−6085

植物のエネルギーやグリーン電力で開催します。

大地に生きる人々は古来より“水は大地と人をつなぐ血液” “火にはスピリット(魂)が宿る”と考えてきました。ONE EARTHでは、現代の都市生活でおろそかにしてしまった火と水に対して、最大限リスペクトし(敬い)、資源を大切にし、循環させるとともに、エネルギーの自立を目指しています。

  • 1.今は捨てられている「資源」の廃食油から作られた、バイオディーゼル燃料(BDF)を使用。加工処理しないSVO(Straight Vegetable Oil)も燃料として活用します。
  • 2.ステージ、アースマーケット、会場内の照明など、イベントで使用する電力は、エナジーグリーン(http://energygreen.co.jp)を通じて、長野県飯田市の太陽光発電所の電気を使用し、自然エネルギー事業者を直接支援します。
  • 3.無駄水をやめ、きれいな排水を流すよう、最大限配慮します。
  • 核エネルギーに頼り、水が枯渇していく21世紀は、『火と水の世紀』です。日頃からの小さな取り組みが、問題解決へのきっかけになればと願います。ONE EARTH!!

    最新ニュース


    おすすめリンク


    ONE EARTH tateyama sun69 festival'09 で使われている電力の全ては、太陽光発電1000kWhで賄われています。



    携帯サイト