北山耕平 -ジャンピングマウス

☆演題 『 地球に生きる人になる』 —— われわれはもう一度ネイティブに帰れるか?

☆プロフィール
聞く人 書く人 訳す人 話す人 伝える人 本を編む人。Also Known As Smiling Cloud。スマイリング・クラウドとは「笑う雲」の意味。1949年神奈川県生まれ。蛇遣い座(射手座)。
『宝島』編集長をはじめ、数々の雑誌執筆や編集を経て、『Popeye』創刊編集メンバーに加わり、特派員という形で76年冬に渡米。79年にネバダ高原沙漠で伝説のメディスンマン、ローリング・サンダーと運命的に出会い、アメリカ先住民族の精神復興運動に参加することとなり、あらかじめ失われていた自らの根っこを求めてその後も、環太平洋の先住民族とその精神世界を探求する旅を続けることになる。82年に帰国。アウトドア雑誌『Bepal』の創刊や、小学館版『日本国憲法』、喜多郎、ポール・マッカートニー、画家シム・シュメールの本など、自らの著作以外に数多くの単行本をこれまでに編集。また、映画監督の宮田雪氏の誘いをうけて映画『ホピの予言』のスーパーバイザーとなり、映画完成後はフィルムを持って列島各地への上映会に出ることも。この時期、特に母なるスピリットを探して本州島東北部(岩手県以北)への旅をくりかえした。なにか大切なものを求めて神道系・仏教系・修験道系の行者や修験者を訪ね歩く日々。2004年の夏至の日に富士山麓朝霧高原で催されたWPPD2004(せかいへいわといのりの日)の呼びかけ人の一人。現在は、当ブログを続けながら地球のネイティブ・ピープルに伝えられたストーリーテリング(次世代にほんとうに大切なものを伝えていく頭と心の技術)を学びつづける。
主な著作:『大事なことはインディアンに学べ』『ネイティブアメリカンとネイティブジャパニーズ』『自然の教科書』『聖なる言の葉』『ネイティブ・マインド』『ネイティブ・タイム』 主な訳書:『ジャンピングマウス』『虹の戦士』『時の輪』『インディアンの魂ーレイム・ディアー』『ローリング・サンダー』

*『ジャンピングマウス』ストーリーテリング

「ジャンピングマウス」ストーリーテリング
(語り:古屋和子、演奏:野中かつみ)
「世界を映し出す鏡としての物語り」

この物語は、ネイティブアメリカンのシャイアン族に伝わる神聖なメディスンストーリーだ。本当の自分を知るために旅に出た一匹の野ねずみの物語で、子ども から大人まで楽しみながら聞くことができると共に、いかに生きるエネルギーを与えるかを教える深い味わいを持った魂の転生の物語でもある。太陽の季節に ピースチーフによって語り継がれたこの特別な物語を分かち合いたい。
-北山耕平-http://native.way-nifty.com/

Time Table に戻る ->